混声合唱組曲「愛と祈りの世界へと」


混声合唱組曲「愛と祈りの世界へと」(全6楽章)

 

1.あの日

2.消えた故郷

3.ウソツキ

4.さよなら

5.愛と祈りの世界へと

6.今、私にできること

 

作詩:立春 暦

作曲:SEIGI

編成:混声4部合唱+ピアノ(div.あり)※第6楽章は無伴奏(ピアノ伴奏版も収録)

演奏時間:5分20秒/3分55秒/3分15秒/3分45秒/5分50秒/2分00秒 ※第6楽章のピアノ伴奏版は3分05秒(約24分05秒)

作曲年:2012.03.~2012.09.

 

<初演データ>

2015.06.28 / 三鷹市芸術文化センター 風のホール

あひる合唱団第2回演奏会

合唱:あひる合唱団

指揮:木下翔真

ピアノ:林田古都里

 

2011.3.11に起こった東日本大震災を、一人の子供の目線から描いた組曲です。

※作曲者立会いのもと、初演されました。

YouTube


Score


【楽譜をお求めの方へ】

こちらよりお問い合わせください。

 

現在楽譜は販売しておりません。お問い合わせいただければ、無料で楽譜(PDFスコア)をメールに添付してお送りさせていただきます。郵送では承っておりません。

<注意事項>

・基本的に演奏する事が前提となります。ですので演奏会の日程等、詳細をお伺いすることがございます。

・演奏せず楽譜閲覧希望のみの方や、演奏会の予定が定まっていらっしゃらない方には楽譜をお渡し致しかねますのでご了承ください。

・また、合唱作品の場合は、所属団体を必ず明記ください。合唱団に所属していない方には楽譜をお渡し致しかねます。


作曲者からのメッセージ


2011年3月11日に起きた、あの東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)は、私達に多大なる被害をもたらしました。地震と津波による直接的、物理的な被害もそうですが、あの東北での津波の映像をリアルタイムで見た時は、心に深い精神的なダメージを負った方も多かったのではないでしょうか。私もその中の一人です。

さて、その震災に向けてのメッセージソングとして、まず2011年5月に「今、私にできること」が制作されました。ただ単に被災地の方々へ向けた曲、例えば「元気を出そう」とか「励まそう」などと言った安易なものは作りたくはありませんでした。そういうものを作ろうとすると、私はどうしても気が引けてしまうんですね。なので、この曲では「今、自分自身に何ができるのか」という問いを投げかける曲にしました。誰かに伝えるというよりかは、内面的な祈りの世界を表現しようとしたのです。

あの日以来、度重なる余震という恐怖が続く中、私は全く作曲に集中できずにいました。いつも遅筆な私ですが、ある日ふと自然に詩(※)と旋律が頭の中に浮かび、たった1日で完成させました。厳密に言うと、まず無伴奏混声4部版を作曲。約2~3時間で書き下ろしました。これには私も驚いたのですが、それまで思うように作曲に集中できなかった分、素直に自分の感情を表現することができたのではないかと思います。

翌年である2012年に、この曲をエピローグにおいた組曲にしようと決断し、再度新たに5編の詩を書き下しました。皆さんも、まずはじっくり詩の世界に浸ってみてください。私には曲を書くことぐらいしかできないけれど、私の音楽で少しでも皆さんの心が癒せたら幸いです。

 

この組曲は、あの3.11の日を一人の子供の目線から描いたものです。衝撃的な描写がありますが、「音楽」として、そしてこの出来事を後世に残すため「風化させない」ことを強く望んでおります。第6楽章「今、私にできること」に関して、収載されているのはピアノ伴奏版の譜面ですが、無伴奏でも演奏が可能です。例えば、無伴奏版を組曲のエピローグとし、アンコールでピアノ伴奏版を演奏するなど、いろいろなアプローチが可能だと思います。是非全国の混声合唱団の皆さんに歌っていただければと思います。この詩には、愛と祈りが込められています。詩の意味をしっかりと噛みしめながら歌ってください。きっと多くの方々に勇気と希望を与えてくれることでしょう。

最後になりましたが、被災地の一日も早い復旧と復興を心よりお祈り申し上げます。この祈りが皆様の心に届きますように・・・。

※作詩者の立春 暦は私のペンネームです。

2013年10月

SEIGI